歌手・バンドのための音楽オーディション情報navi

受かるデモ音源5つのポイント

Point1選曲はバラエティ重視で!

まず選曲で重要なのは、「バラエティ」に富んだ構成にすることです。テンポやジャンルなど雰囲気の異なる曲を聴かせることで、自分の能力や個性がより伝えやすくなるので効果的です。

また、自分の声質や声量に合う選曲をすることも重要です。「好きな曲」と「実力を発揮できる曲」というのは一致するとは限りません。家族や友人などに歌を聴いてもらって、評価の高い曲を選ぶと良いでしょう。

さらに、なるべく日本語の曲を歌うようにしましょう。ネイティブでない英語は下手に聴こえてしまい、最大限曲の良さを生かすことが出来ず低評価に繋がってしまいます。(もちろん英語に自身のある方は、英語の曲を織り交ぜて是非実力をアピールしてください。)

これらのポイントを踏まえ、デモ音源の選曲は「実力を発揮できるバラエティ豊かな選曲」にしましょう。

Point2曲順は自信作を1曲目に!

曲順で重要なのは、自信作を1曲目にすることです。
デモ音源を審査する方々も時間に制約があるため、必然的に1曲目で判断せざるを得ません。1曲目で興味を持ってもらえなければ2曲目3曲目は聴いてもらえません。
また、アップテンポでノリの良い曲を1曲目にすると効果的です。

Point3カバー曲orオリジナル曲どっちが有利!?

結論として、「カバー曲 or オリジナル曲」のどちらであっても選考に有利・不利ということはありません。
カバー曲の場合には「自分らしく」歌うことを心掛けましょう。「コピー」ではなく、「カバー」として歌うことが大切です。
また、オリジナル曲があるとよりチャンスが広がるでしょう。曲作りが無理でも、毎日の生活の中で思いついた言葉を書きとめて詞を書く習慣を付けましょう。詞には感性がでるので、詞に対する評価がキャラクターの評価になります。

Point4エコーのかけすぎはNG!

デモ音源は自分の「声質」や「声量」を上手く伝えることが重要です。エコーをかけると良く聴こえるため、多くの人がエコーをかけすぎてしまう傾向にありますが、エコーがかかりすぎていると本来の声質などが判断しにくいため、エコーのかけすぎには注意しましよう。(カラオケなどで録音する場合もエコーのかけすぎや、音量の上げすぎには注意しましょう。)

Point5イントロは30秒以内に!

何万通もの応募がある中で、審査員がひとつひとつ最後まで耳にするのは困難です。
そこで、イントロと歌いだしが最も重要です。イントロが長い曲はデモ音源には不向きでしょう。イントロは長くても30秒以内にしましょう。30秒程聴いて興味がなければ次へといってしまい、最後まで聴いてもらえません。どんなにサビが良い曲でもイントロが長いためにサビまで聴いてもらえないともったいないです。

マル秘デモ音源には資料を同封すべし!

デモ音源を郵送する場合には、曲順や曲紹介を記載した用紙(1~2枚程度)を同封すると効果的です。曲紹介には、曲名・曲のコンセプトをひとこと記載すると良いでしょう。
そうすることで、審査員が曲数や曲をイメージしながら聴けるので、世界観が伝わりやすいです。

また、CDに直接曲名を書いている人も多いですが、CDとは別に用意した方が、資料を見ながら曲を聴けるので親切です。PCやスマホから応募する場合でも、PDFまたはホームページなどにまとめて送ると良いでしょう。音源だけを送る人が多いですが、やっている人が少ないからこそ好印象で効果的です!

受かるデモ音源5つのポイントのまとめ

  1. 実力を発揮できるバラエティ豊かな選曲にすべし!
  2. アップテンポの自信作を1曲目にすべし!
  3. カバー曲の場合には自分らしくを大切に!
  4. エコーのかけすぎに気をつけて本来の声質をアピールすべし!
  5. イントロは30秒以内で審査員を惹きつけろ!

目次

合格率アップ!デビューへの3ステップ!

  1. 受かるデモ音源5つのポイント
  2. 一覧を見る

音楽業界メジャーデビューを目指す音楽家のための「音楽専門オーディション情報サイト」です。
歌手・ボーカル、バンド、シンガーソングライター、作曲、作詞、編曲・アレンジ、スタジオミュージシャン、ダンスなど、
新着の「期間限定!開催オーディション随時募集オーディション」情報をお届け!その他、オーディション対策など、デビューに役立つ情報を配信しています!
あなたがメジャーデビューするために「歌手・バンドのための音楽オーディション情報navi」をご活用いただければ幸いです。